本文へスキップ

沼津・三島から便利な清水町のダイビングスクール&ショップです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.055-976-8502

メールでのお問合せはこちら

ツアー日記


2018/12/01 CORALWAY
Photo Contests & Xmas Party☆
皆さまご参加いただき誠に有難うございました!
フォトコン1位は2作品、3位も2作品となりました。
1位 ...
『奇跡のリュウグウ』リュウグウノツカイ 大瀬崎
『見上げれば…』 GTの群れ パラオ
3位 
『田子で出あったアワシマオトメ』ウミウシ 田子
『綺麗に撮れていますかぁ~?』コブダイ 伊戸
入賞された皆さまおめでとうございます★

来年も沢山のエントリーお待ちしております!

 













2018/11/26 田子
水温21℃ 透明度12~20m

 1本目の浮島根は透明度20m!イサキやタカベの群れで賑やかな中層、岩場にはタマゴイロウミウシ・キイロイボウミウシ・ハナオトメウミウシ・コウボウミウシ、他にもシテンヤッコ、クリアクリーナーシュリンプ、トウシマコケギンポ、ヘラヤガラなどが居ました。

...

 2本目の白崎では、なんと!タテジマヤッコの幼魚の姿が!!伊豆の海では中々出会えないレア物が見れました。他にも、キベリアカイロウミウシ・オトヒメウミウシ・コモンウミウシ・シロイバラウミウシ・スケロクウミタケハゼなどを見てきました。

 









2018年11月17日 大瀬崎
水温:21.5℃ 透明度:12~15m

今日はミラクル☆が起きました!
なんと!深海魚【リュウグウノツカイ】が浅瀬までやって来ていました!

たまたま良いタイミングで教えて頂き、皆で見ることが出来ました!(感謝ですm(__)m)

他にもカブトクラゲ・ハタタテダイ・ツバメウオ・クマドリカエルアンコウ・ホウボウ・ミジンベニハゼのペア・ウメイロモドキ・イナダ等々、とっても充実の2ダイブでした。

 









2018/11/10 井田
水温:22℃ 透明度:15m
水面近くにはイサキ・タカベ・スズメダイの群れで賑やかでした。小笠原などにいるクロフチススキベラやウメイロモドキもやって来ていました。

 









2018/10/31 大瀬
水温:22.5℃ 透明度:3m
オープンウォーター講習で湾内を2本。餌付けすると、マダイ、アジ、イシダイ、シマアジなどが沢山寄って来ました。2本目には、1cm程の可愛いクマドリカエルアンコウもいました(*´▽`*)

 








2018/10/24 井田
水温:23.4℃ 透明度:12~15m
タカベの大群・クダゴンベ・ニシキフウライウオ・ツノダシ・カンパチ・ワラサ・トゲチョウチョウウオ・フウライチョウチョウウオ・クロフチススキベラ・ニジギンポなどを見てきました。

 









2018/10/15 雲見
水温24.5℃ 透明度:15m
牛着岩を2本潜って来ました。
海中洞窟を楽しみながら、ハタタテダイ・シコクスズメダイ・キンメモドキ・カゴカキダイ・シモダイロウミウシ・セダカスズメダイ・イシガキダイ・クマノミ・ブダイなどを見てきました。

 








2018/10/14 井田
水温:24℃ 透明度:12~15m
本日は海洋状況により、東伊豆はCLOSE。海洋地を井田に変更しました。
海の中はタカベやイサキの大群、そしてイバー達でダとってもにぎやかでした。
見た魚たち:ダゴンベ・ニシキフウライウオ・オオスジイシモチ・ツノダシ・アカホシカクレエビ・カンパチ等々

 








2018/10/13 井田
水温:24℃ 透明度:12m
赤白チェック柄が可愛いクダゴンベやニシキフウライウオも入って来ましたよ~♬

他にも、ツノダシ・タカベ群れ・スケロクウミタケハゼ・アカホシカクレエビなどもいました。

 








2018年10月7日 大瀬

水温:24.7℃ 透明度:~6m

1本目は外海の岬先端にやって来た【ハタタテハゼ】を見に行ってきました。さらに!赤いチェック柄が可愛いクダゴンベの姿も!他にも、アケボノチョウチョウウオ・ミゾレチョウチョウウオ・トゲチョウチョウウオ・フウライチョウチョウウオなどの可愛らしい子供たちも見てきました。

..

2本目はまったり湾内。ツバメウオ・ツノダシ・ウメイロモドキ・クロユリハゼなどこちらも季節来遊漁たちが色々いました。

【ツアーのお知らせ】

●10月13日(土)黄金崎2ビーチ&サンマBBQ

●11月3日(土)~4日(日)伊豆大島1泊2日4ダイブ

『ご予約承り中です!』

 








2018年10月6日
富戸2ビーチ
今日は海洋状況により、富戸へ変更となりました。頭を下にしてホバーリングするヘコアユが伊豆で見られるなんて驚きでした。連日の台風でこちらの海にたどり着いたのかもしれませんね…

 








2018/09/29 富戸
水温:25℃ 透明度:12~15m
台風前でしたが、影響もあまりなく、ヨコバマを2本潜って来ました。
*居た生物たち*
オビテンスモドキ・テンス・ミナミハコフグ・タテジマキンチャクダイ幼魚・イロカエルアンコウ・ツマジロモンガラ・クリアクリーナーシュリンプ・オオモンハタ・フウライチョウチョウウオ等々。

 








2018/9/22 富戸
水温:26~26.7℃ 透明度:15ⅿ
今日はヨコバマを2本。イロカエルアンコウの黄色い個体が2匹、フウライチョウチョウウオ、オグロヒメユリハゼ、ハマフエフキ幼魚、アオヤガラ、ミツボシクロスズメダイなどを見てきました。

 








2018/09/08 海洋公園
水温:22~24℃ 透明度:6~15m
1番根には、なんと!ハタタテハゼの姿が!他にも、トカラベラ・ツノダシペア・サザナミヤッコの幼魚も入って来ていましたよ!これから回遊魚達が充実してくるので、楽しみですね♬

 








2018/9/2 大瀬
水温:27℃ 透明度:6~10m
今日はレスキュー講習で湾内を2本。講習後のファンダイビングでは伊豆で見られるなんて思わなかったサラサハタの姿があり、昔水槽で飼っていたことをふと思い出しました。さらに、ピカチューことウデフリツノザヤウミウシ、ハコフグ幼魚、すっかり大瀬の顔になったツバメウオ、ツノダシ、アカエイ、モンガラドウシなどを見てきました。

 








2018/09/01 富戸
水温:23~26℃ 透明度:6~10m
今日は脇の浜を2本。ハマフエフキ幼魚、アオリイカ、ツマジロモンガラ、オジサン、コバンヒメジ、ウミヒゴイ、イサキの群れ、コガネキュウセン、カザリイソギンチャクエビ、テンス等々いろいろみれましたよっ!

 








2018/8/29 大瀬
水温:29℃ 透明度:8m
今日はレスキュー講習で湾内へ。講習後のミニツアーでは、シマアジ、アジアコショウダイ幼魚、コガネキュウセン、ミナミハコフグの幼魚、コガネスズメダイ、ミツイラメリウミウシ等を見てきました。30cm程のツバメウオも登場し、ダイビングシーズンの秋がいよいよ到来した湾内でした。

 








2018/08/25  田子
水温:28℃ 透明度:6~12m
今日は湾内ポイント白崎を2ダイブ。ヒメエダミドリイシ珊瑚にはミスジチョウチョウウオ・アケボノチョウチョウウオ・ヤリカタギ・トノサマダイの子供が南の海からやって来て住み着いていました。これからどんどん種類も増えてくるので楽しみです!その他にもセトリュウグウウミウシ、イソギンチャクモエビ、とっても小さいミツボシクロスズメダイもいました。

 








2018/8/14~19
東京は竹芝桟橋から船に乗って父島へ。固有種ユウゼン、イルカ、カメ、キンチャクガニ、ムレハタタテダイ、ピグミーシーホース、沈船ポイント等々5泊6日ののんびりツアーでした。




 









2018/08/12 神子元
今日もハンマー狙いで神子元へ!大きな個体が現れたり、群れを見たり、今年は“ハンマー当たり年”!初神子元で初ハンマーの方も多く、大満足の1日でした。

 








2018/08/11 田子

水温:27~29℃ 透明度:8~15m

今日は、ファンとOW講習で田子へ。湾内の白崎にあるヒメエダミドリイシ珊瑚には、南の海からやって来たばかりのヤリカタギ等のチョウチョウウオの子供たちの姿がありました!他にも、アカカマスやメジナの群れ、アワシマオトメウミウシ・名前の不明なウミウシ…沢山見てきました。

 








2018/07/28 口野
水温:23~24℃ 透明度:6~10m
午前中には日も差し、台風が接近しているとは思えない、穏やかな海洋状況の中、ファンとアドバンス講習でした。
黄色と黒の縞模様が綺麗なカゴカキダイの群れ、あちらこちらで見つけられるアワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシ、クネクネと独特の動きをするアジアコショウダイ幼魚、ミドリイシサンゴの手前には珍しいホソウミヤッコの姿もありました。

 








2018/7/25 井田
水温:24~28℃ 透明度:6~15m
ダイビング中に聞き覚えのある鳴き声が聴こえて来ました。恐らく、数キロ以内にクジラが泳いでいたのではないかと思います。
井田ビーチでは、小さくてかわいいヒラタエイやトビエイの子供、イバラタツ、アカオビハナダイ、中層にはスズメダイ達の群れで長い川ができていました。

 








2018/7/14 神子元
水温:23~26℃ 透明度:10~20m
ハンマーヘッドの群れ100匹!さらに、メジロ、アカウミガメ、カンパチ、イナダと盛りだくさんでした。

 








2018/07/11 海洋公園
水温:20~22℃ 透明度:8~12m
青空が広がり夏本番ムード全開の今日はアドバンス講習とファンで1番根を2本潜って来ました。
マリンナチュラリスト講習では、魚たちや海藻を水中でスケッチして、ディープ講習では、水圧の実験もしてきました。

 








2018/07/07 雲見
水温:24℃ 透明度:6m
七夕の今日、雲見【牛着岩】で洞窟ダイビングを楽しんできました。カゴカキダイの群れ、50cm程のテングダイ、タカベの群れ、ニジギンポ、カザリイソギンチャクエビ、コロダイなどが居ました。

 









2018/07.04 大瀬
水温:20~22℃ 透明度:10m
今日はオープンウォーター講習で、アキアナゴ・コガネスズメダイ・ソラスズメダイ・キンギョハナダイ・クロダイ・マダイを見てきました。

 






2018/07.01 富戸:脇の浜 水温:19~21℃ 透明度:6m
梅雨明けの青空の下、今日は富戸は脇の浜を2本潜って来ました。1本目では、ヒラタエイ・アカホシカクレエビ・ニシキウミウシ・リュウモンウミウシがいました。2本目には60cm程の大きなアオリイカ達が目の前で産卵をしているシーンをゆったり観ることが出来ました。その他にも、コモンウミウシ・ミツイラメリウミウシ・カゴカキダイ幼魚などを見てきました。そして!とってもレアなフルーツポンチウミウシを見つけられた方もいらっしゃいました!お店に着いてから見せて頂いた写真で判明したので、また観に行きたいと思います!

 









2018/06/25 富戸 脇の浜2ダイブ
日中は30度を超える夏日。海中ではカミナリベラの群れが産卵している所に遭遇。さらに、アオリイカたちもちょうど産卵していました。
2ダイブ目には、泳ぐカスザメ、可愛らしい子ネコザメが2匹も出るなど、通算100本のメモリアルダイブを迎えられるゲストさまの良い記念になりました!

 







2018/06/13 井田
水温:19~21℃ 透明度:~15m
先日の台風が海の中を綺麗にしてくれたようで、下のほうは透明度15m程になっていました。
今日は、2本ともナイトロックスタンクを使って、井田の深場をまったり潜ってきました。
赤茶のハナタツ・全身トゲトゲのイバラタツ、アオリイカと卵、オオガラスハゼ、ミジンベニハゼなどを見てきました。

 







 

2018/06/02 大瀬
水温:19~21℃ 透明度:~8m
今日は水中の地図が描けるようになる為のナビゲーション講習&ファンダイビングでした。
1本目の外海は門下ではサカタザメが登場!矢印の形をした面白いサメです。岩の上には黄色のミツイラメリウミウシがいました。2・3本目の湾内では、トゲカナガシラ・スナダコと一つ屋根の下で暮らすミジンベニハゼの夫婦・キンチャクダイ・クマノミなどが居ました。

 







 

2018/5/31 口野
水温:19~20℃ 透明度:~6m
今日はまったりファンダイビング。口野でもアオリイカの産卵が始まっています。
 世界最大級の単体サンゴであるウチウラタコアシサンゴやピンク色のエナガトゲトサカ、ヒメエダミドリイシ(サンゴ)の群生や2匹仲良くくっつきあったアワシマオトメウミウシ、ハナオトメウミウシやゲストさまの見つけたサガミリュウグウウミウシなどがいました。
 また、スケルトンな身体のハクセンアカホシカクレエビはイソギンチャクにつかまって、愛嬌ある恰好をしていました。その他、ハリセンボン・ミノカサゴ・ニシハゼ・ウミエラなどもいました。

 







 

2018/05/29 大瀬
水温:20~21℃ 透明度:~5m
 例年よりも水温の上昇が早く、湾内も21℃となっていました。水中では、アオリイカの産卵も始まり、白く細長い卵がいくつも産み付けられていました。今から赤ちゃんイカが出てくるのが楽しみです。
 とってもラッキーな事に、今日のオープンウォーター2回目で、早くもベニカエルアンコウに会えたゲストさま。その他、イセエビ・マンリョウウミウシ・コガネスズメダイ・キンギョハナダイ・ソラスズメダイ等々、色々見てきました。


 

2018年5月27日 黄金崎
水温:21℃ 透明度:~6m
水温が20℃超えてきました!今日は、オープンウォーター講習、ファンダイビングで黄金崎へ。
80cmの大きなヒラメ、同じく大きくて堂々とした泳ぎのマダイ、手乗りサイズのボウズコウイカ、他の海洋地では中々見れないスカシカシパン、ニシキハゼなどを見てきました。中層のカタクチイワシが太陽の光を反射してキラキラ泳ぐ姿も綺麗でした。

 







 

2018/05/14 川奈
水温17℃ 透明度6~10m
今日は川奈のビーチを2本。中層でオハグロベラのオス同士がけんかしているシーンに遭遇したものの、あとはのんびりでした。砂地には真珠作りをするアコヤガイやニシキハゼ、老若さまざまな世代のミノカサゴがいました。他にも、アミメハギ・アオサハギ・ヨソギといったよく似ていて、しかも、みんな可愛い手乗りサイズのカワハギ科の仲間たち、アカオビハナダイ、イシガキダイ、カゴカキダイ、シマキッカギンチャクなどを見てきました。

 







 

2018/05/03~06 
沖永良部ツアー

 






 

2018/04/26 田子
水温:17℃ 透明度:8~12m
1本目は白崎でウミウシ探し。アオ・シロ・イガグリ・ハナオトメ・シロミノ赤ちゃん・シロハナガサ・アラリと7種類見ることが出来ました。さらに!ゲストの方が頭上を泳ぐトビエイを発見されました。
2本目はヤイズ根へ。紫色が綺麗なムカデミノウミウシ、シラコダイ、クマノミ、マツカサウオ、コロダイ、トウシマコケギンポなどが居ました。

 







 

2018/04/21
富戸
水温:16℃ 透明度:12m
赤沢の予定でしたが、海洋状況により富戸へ変更となりました。
ファン&フォトスペシャリティー講習でヨコバマを潜り、シマウミスズメ、キタマクラの赤ちゃんといった可愛らしいフグ達、ムナテンベラ、マツカサウオ、ミノカサゴ、クマノミ、ホウボウ、アカスジモエビ、メイチダイ、オオモンハタ、オトヒメエビの子供などを見てきました。

 







 
 







 

2018/03/26 富戸
水温:16℃ 透明度:12m
今日はファンダイビングとオープンウォーター講習で脇の浜を2本潜って来ました。水温も16℃と伊豆各地で上昇して来ているのが分かります。砂地で身をひそめるベラギンポ、写真に撮られるのが好きなハリセンボン、名前は可愛くありませんが、とっても可愛いキタマクラの子供、手のひらに乗りそうなサイズのボウズコウイカ、美味しそ…と思ってしまいそうなイセエビやアワビ、1m越えのまるまる太ったヒラメなども見れました。

 







 

2018/03/25 川奈
水温:15℃ 透明度:10~15m
満開で咲く桜も多くなって春らしくなって来ました。水中も水温が上昇しはじめ、15℃になっています。

川奈ビーチには珍しくサギフエという頭を下にして群れで浮かぶ面白い魚が南の海からやって来ていました。

...

他にも、ダンゴウオが2匹。1匹はまだ赤ちゃんの証“天使の輪”模様がありました。

ミノウミウシの仲間という事は分かるのですが、図鑑にも載ってない…名前が分からない…ウミウシも居ました。海の中はまだまだ知られていない事が沢山あります。

 







 

2018/03/19 海洋公園
水温:14℃ 透明度:12~20m
1本目は2番根、2本目はナイトロックスを使って1番根へ行ってきました。
ミナミハコフグ・コブダイ・オオモンカエルアンコウ・カスザメ・アカエイ、そして!金のヒラメもいました!

 



 
2018/03/3~4 伊戸&波左間ツアー

伊戸のシャークシティーではサメやエイ達との距離がなんと0cm!こんな場所は世界中でもここしかないと思います。2日目はコブダイの頼子ちゃんが愛嬌たっぷりの笑顔?!で迎えてくれました

 



 

2018/03/05 田子
水温:14℃ 透明度:10m
今日はボート講習でした。白崎では、ずっと見たかった“スイートジェリーウミウシ”のしかも赤ちゃんが登場!好物のホヤ貝に囲まれて幸せ太りのセトリュウグウウミウシ、金平糖みたいなシロイバラウミウシも居ました。さらに、今季初のピカチューも(写真で)ゲットしてきましたよ~。

 









2月のパラオツアーのハイライトです。マンタ・ナポレオン・復活したバラクーダの群れ・沢山の熱帯魚たち・ギンガメアジの群れ・ウミガメ等々、たっぷり9ダイブしてきました。さらに!200本達成のメモリアルダイビングをされたゲストの方もいらっしゃいました!パラオでの記念ダイビング。おめでとうございます(´▽`*)! 

 

2018/02/26 田子
水温:14.6℃ 透明度:12~15m
今日の2本目で50ダイブを迎えられるゲスト様は“ウミウシ大好きさん”。と、いう事で1本目はがっつりウミウシを探し、2本目は洞窟ポイントへ行ってきました。

1本目の浮島根ではサクラ・ハナオトメ・アオ・サガミリュウグウ・サラサ・ゴマフビロードと様々な色模様のウミウシ達が見れました。ゴマフビロードはモフモフした感じがまるでゴマフアザラシの赤ちゃんのようでとってもかわいかったです♪

...

2本目は三ノ浦という洞窟ポイントへ。びっくりするぐらいイセエビたちが群れていて、引いてしまうぐらいでした・・・。他にも、イタチウオやミナミハタンポの群れなど、洞窟の中が大好きな魚たちやタマゴイロイボウミウシ等がいました。

青い光りがゆらゆら差し込んで、気持ちの良いメモリアルダイビングとなりました。【50ダイブおめでとうございます!】

 









 

2018/02/24  須崎2ビーチ

水温:16℃ 透明度:18m

【今日はダンゴ祭り!】

1本目から7匹の可愛いダンゴを発見!しかもすべてが天使の輪模様の赤ちゃん達でした。5ミリにも満たない天使ちゃん達。あくびしたり、ちょこちょこ移動したり、可愛らしかったです。場所を変えた2本目でも、天使ちゃんが3匹!合計10匹のダンゴウオの赤ちゃんに会えました~

 







 
2018/1/21 富戸
水温:15℃ 透明度:15m
ヒカリ差し込む富戸ホールでしたが、うねりによる泡でスッキリ見えなくて残念。色々な条件が揃う事が必要な場所だけに、またチャレンジしたいですね。ホール以外は15mの透明度でのんびり潜りました。
*居た生物たち*ギンイソイワシ・ミナミハタンポ・ムスジフエダイ・イトタマガシラ・ホウボウ・アオリイカなど。
器材洗い場の横には、桜が少し咲いていて小さな春の訪れを感じました。

【お知らせ】明日22日(月)から2月23日(金)まで店舗営業をお休みさせて頂きます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。
 








 

2018/01/20 田子
水温:15℃ 透明度:15~16m
1本目は浮島根へ。アヤニシキという綺麗な模様の海藻、ハナオトメウミウシ、コモンウミウシ、キイロイボウミウシなどフォトジェニックな色彩のウミウシ達の他に、ハナキンチャクフグという南方系のフグもいました。2本目の沖の根では、色が綺麗なレンテンヤッコや、ヒラメなどが居ました。ちなみにヒラメとカレイの見分け方は、基本的に「目を上にした時に顔が左だとヒラメ(左ヒラメ)で、右だとカレイ(右カレイ)」と覚えておくと分かりやすい様です。(たまにこの法則が当てはまらないものもいますが…。)

 


 

2018/01/13 海洋公園
水温:15℃ 透明度:20~25m
1本目の1番根では、透明度25m!光が差し込む海中をフワウワと泳ぐだけでもかなり癒されていく感じ。オレンジ色のイロカエルアンコウ・セダカスズメダイ・コガネキュウセン・オオモンカエルアンコウ・クエ・ホウライヒメジ、そして浅瀬まで散歩しに来ていたアオブダイもいました。大きいので見応えたっぷりです。
2本目はブリマチ。砂地が賑やかだと思い近づくと、綺麗なヒレを広げたホウボウが3匹、さらに伊豆では海洋公園以外では中々見ることのないムスメベラが2匹仲良さそうに集まっていました。最後には幸運の?金のヒラメ80cmが登場!何だか金運が付きそうですね~!他にも、イシガキフグ・カミナリベラ幼魚・アオリイカ・シラコダイの群れ等々、充実した2ダイブでした。

 

2018/1/8 大瀬

成人式の今日は大瀬崎ビーチでナビゲーション講習をしてきました。2本ともに湾内で透明度20m!グッドコンディション。自分で地図が描けるようになると、今後のブリーフィングもイメージがわきやすくなりますよ。自立したダイバーの第一歩になります。

 「皆さま明けましておめでとうございます!
  本年も色んな海の世界を一緒に楽しみましょう!」

2018/1/3 川奈
1本目はボートでお正月3日間限定の赤根へ!エントリー後水深20mの海底がスカンと見渡せる透明度。ズドンと横たえる様に伸びた大きな根に沿って、のんびり潜って来ました。
2本目はビーチへ。なんと!ゲストの方がそれぞれカメを発見され、合計3匹に!新年早々嬉しい出来事でした。...
休憩時間には川奈のサービスでかぼちゃスープと金目鯛のおみそ汁もご馳走になってきました。
 

店舗写真

店舗情報

CORALWAY

〒411-0903
静岡県駿東郡清水町堂庭262スプラッシュ1F
大型駐車場完備
TEL.055-976-8502
FAX.055-976-8502
営業時間12時~19時
※講習は19時以降の時間帯でも承っております。
木・金曜定休
→アクセス